池田の休日

0

    池田市にある逸翁美術館の開館60周年記念 第五幕「応挙は雪松、呉春は白梅」に行ってきました。

     

    円山応挙「雪中松図屏風」と呉春「白梅図屏風」を中心に、本人やそれぞれの弟子の作品を対比させることで、円山派と四条派の違いを浮き彫りにするという企画です。

     

    どちらも写実的な画風だけど、前者は鮮やかな色彩を多用し、絵のモチーフが画面から飛び出して来るかのような描き方、後者はモチーフの内面性を深く表現し、背後の空間にニュアンスがある描き方、だそう。

    前者は豪商の邸宅を飾る絵画の注文など、後者は日常使いの食器の絵つけなどに、多く作品を残していることからも両者の違いが伺えます。

     

    長沢芦雪のワンコ可愛い。

     

    観賞後は、北摂で有名なパティスリー、a terre(ア・テール)へ寄りました。

    ラングドシャを購入。

    これは、後日また記事にしますね。

     

    その後、池田駅前から2kmほど歩き、水月公園の梅園を見に行きました。

    今ちょうど見頃です。

    一番最後の緑萼しだれは、梅特有の甘酸っぱさに加えて、ジャスミンか何かのような華やかさがあり、大変に芳香でした。庭に植えたいなあ。

     

    たくさん歩いたけど、よい休日でした。

    明日から、また頑張ります(^∇^)

     

     

    JUGEMテーマ:絵画


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM